About

What is the Tokyo International Photography Festival?

私たちに未来を予測することはできない。
だが、「どんな未来を作りたいか」に向けて行動することはできる。

世界がよりボーダレスになる中で、国境、人種、文化といった壁を越えた
コミュニケーションは、今後ますます重要になってきます。
それを可能にする最もユニバーサルな言語とは何か?
それこそ「写真」だと私たちは考えます。

東京国際写真祭は、国内外の優れた写真家の「まなざし」を通じて、
普段の生活の中では想像しなかった「キーワード」と出会い、
「未来のビジョン」について考える、そんな特別な場を提供します。

日時:2015年10月9日(金) – 18日(日)9:30−21:30(平日)/9:00−19:00(土日祝日)
会場:ART FACTORY城南島
住所:東京都大田区城南島2-4-10
会期中無休・入場無料

*10月9日-12日、および17日-18日は無料シャトルバスが
東京モノレール「流通センター」駅より発車しています。

無料シャトルバスの時刻表はコチラからご確認ください。

Exhibitions

photo2     Liu_Bolin_HITC_No.99_Panda_2012_WEB01

東京国際写真祭のメイン会場では、2つのテーマ展示と、屋外でのインスタレーション展が開催されます。フォトキュレーター小高美穂による企画展「What makes us “us” –私たちの世界の領域-」。そして、1500名の写真家の中から15名の国際審査員が選んだ8名の写真家による国際巡回展「Human Condition(人間らしさ)」。その他にも、屋外に設置されたコンテナやフェンスを使った展示など見どころが満載です。

Portfolio Reviews

photo3     Portfolio Reviews@TIPF 2014_WEB02

芸術とデザインを専門とし、そのコレクションの質と内容の豊富さにおいて「世界に並ぶものが無い」と言われる英国・ヴィクトリア&アルバート博物館のキュレーター。世界で最も影響力のある写真サイト・レンズカルチャー編集長など、海外レビュアー6名へご自身の作品を見せる機会を提供します。(事前審査あり)

Talks & Symposiums

photo4     Sam Barzilay & Jim Casper @ TIPF 2014 Symosium_WEB03

メイン会場では、国内外のゲストによるトークショーおよびシンポジウムが連日無料で開催されます。海外ゲストのトークは全て通訳つきです。

Workshops

photo 5 Workshop_WEB04

自分自身の「壁」を突き破る為に、次の一歩に進むために。TIPFではポートフォリオレビューだけでなく、写真家向けのワークショップを開催します。本年度の講師はオランダの写真雑誌「GUP Magazine」編集長、出展作家のナムサ・レウバ、そして昨年度TIPCグランプリ受賞者の写真家リディア・ゴールドブラットです。

Satellite Events

camera obscura studeis , shinjyuku , 2015

代官山蔦屋書店、東京工芸大学、VACANT、IMA Concept Storeなどのサテライト会場では、ホンマタカシ氏、石川直樹氏など、出展作家らによる参加型のイベントやトークショーなど様々なイベントを開催します。